選手募集

与野蹴魂会では、2020年関東へ共に闘う選手を募集しております。

まずは与野蹴魂会の存在意義(ビジョン)​ご覧ください

1984年に創設され、2014年は創設30周年を迎えました。

 

埼玉県内で伝統のあるチームです。

2020年のカテゴリーは埼玉県社会人サッカーリーグ1部に所属になります。

 

近年の主な成績は、2011年全国クラブチームサッカー選手権大会で埼玉県予選、関東大会を勝ち抜き、関東代表として全国大会へ出場。

その大会でベスト8と言う成績を残してます。

2012年は天皇杯の埼玉県予選である、埼玉県社会人連盟会長杯で3位。

2013年は全国クラブチーム選手権埼玉県予選優勝、関東大会出場。

2016年に埼玉県社会人サッカーリーグ2部優勝。

2018年第52回関東社会人サッカー大会出場。

過去には、関東社会人サッカーリーグにも所属し、全国社会人サッカー選手権大会に出場するなどの実績もあります。

大きな目標は、関東社会人サッカーリーグに復帰し、その後も更に上を目指し日々練習しております。

2018年は関東社会人サッカー大会に出場しましたが、南葛SCに0-2で敗戦。

​2020年はこの大会に出場、そして突破し、関東社会人リーグへ復帰を目指しております。

仕事をしながらも思いっきり出来るプレー環境。

与野蹴魂会での主なホームゲームの大半は、秋葉の森総合公園サッカー場で行われます。

 

このグラウンドは、Jリーグの大宮アルディージャが自前の練習場が出来るまで、練習場にしていた程全国でもトップレベルの天然芝の管理がなされています。

その他、日本代表が練習で使用する埼玉スタジアム2002公園第2グラウンドや第3グラウンド等、普段なかなかプレーする事が難しい所での試合も珍しくありません。

 

全て自前のグラウンドではないものの、各市サッカー協会のご協力もあり社会人クラブチームでは稀に見る良い環境です。

 

練習も、ロングパイル人工芝のコートで練習しております。

 

そして、紅白戦や練習試合では県内の強豪校のひとつである埼玉栄高校にご協力いただき、埼玉栄高校総合グラウンドを使わせていただいたり、加須市にある埼玉県サッカー協会フットボールセンター埼玉スタジアム2002公園第4グラウンドを使用するなど、フルサイズのピッチでの練習も行っております

 

社会人チームで難しいのは、グラウンドの確保等の環境の整備。

​こちらは埼玉県内では絶対的に自信を持っております。

 是非、共に上を目指しましょう!

与野蹴魂会には、経験豊富なベテラン選手から、若い選手まで多数在籍しております。

 

ベテランの選手では、シンガポール等でのプロ経験を持つ選手や、アマチュア最高峰のJFL、関東リーグや東北リーグ等の地域リーグでの経験のある選手もおります。

大人になっても真剣にサッカーをする事を体現している選手も数多くおります。

2016年では、35歳以上の国体と言われる「日本スポーツマスターズ」に埼玉県代表で与野蹴魂会から内田等、監督として、監督の村山が選出され、その中でも内田は埼玉県代表でも10番とキャプテンマークを付け、他県では元Jリーガーも参加した2014年大会では全国で3位と言う成績を残しました。

当面の目標は関東リーグへの復帰を目指し、更に上へと目指すチームであります。

仕事をしながら真剣にサッカーをやる事を重きにおいております。

これまで、サッカーでお金を掛けた事が無い選手も多いと思います。

しかし、サッカーをやる為にはお金がかかります。

​それを今までは誰かが代わりに支払ってくれていたにすぎません。

我々は社会人としてお金の大切さ、クラブ運営を知ってもらう意味も込めて年会費等徴収しております。

満18歳以上で当クラブのビジョンに賛同し、社会人としての自覚、マナーを守れる方、チームとして闘うことが出来る方、是非一度、練習参加をお待ちしております。(※練習参加時に、グラウンド代としてその都度500円戴きます。)

入団にはキャプテン、監督との面談経ての判断があります。

ご連絡先と、簡単なキャリア、年齢、ポジションをご記入の上、練習参加希望とお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

諸経費.jpg
GKユニフォーム.jpg
FPユニフォーム.jpg

©1984-2020  与野蹴魂会 All rights reserved.

finta.jpg
top_footer_jfa_logo.png