我々はJリーグを目指しません。

Jリーグが開幕し、20年以上が経ちました。

Jリーグ百年構想の元、様々なチームがサッカーを中心とした生涯スポーツの普及を草の根で活動しています。

そして、地域活性を掲げ、Jリーグを目指すチームが全国に数多出てきており、チームを強化しています。

我々が参戦している埼玉県、目下目標の関東社会人リーグもしかりです。

そして近年、大学サッカー部のセカンドチームが社会人リーグを席巻しており、社会人選手、チームも変化を求められております。

こういった社会人リーグに参戦してくる大学は、トップチームが関東大学リーグであったり、強豪大学が多く、セカンドチームとは言え、プロ予備生としてサッカーをしており、実力もとても高い物があります。

そしてJリーグを目指すチームも、JリーグチームやJFL、合同のトライアウト等から選手を補強等で圧倒的なスキルと経験を擁したチームも増えてきました。

さて、我々の様な純粋な社会人チームには何ができるでしょうか?

育成年代の現状。

近年、Jリーグや日本代表の盛り上がりから、サッカーをやる子供が増え、国民的スポーツである野球を上まわる程です。

Jリーグを目指すチームもJリーグ百年構想の元、​アンダー世代の育成に積極的に力を入れ、将来のJリーガー、日本代表を育てています。

しかし、実情としてまだまだ生涯スポーツとして根付いているとは我々は到底思えません。

年末年始の風物詩となっている、全国高等学校サッカー選手権大会。

ここを最終目標として、またはプロを目指す上で重要な通過点としてサッカーをしている子供が大半を占めているのが現実です。

負けてその上が見えなければ引退。

そして、運良く大学への推薦や特待生として進学ができたとしても、高体連だけでなく、Jのユースチームやクラブチーム等、全国から優秀な選手集まる強豪大学の中で、トップチームに関われなかった選手は、サッカーを就職の為に続けている現状、単位をもらう為にサッカーをし、学生でいる為の時間を稼いでる現状、そして争いの中生き残ったトップチームの選手も、Jリーグチーム、その他全国レベルのJ準加盟、Jを目指すプロチームに引っかからなければサッカーを引退。

奇しくも大学生達の社会人リーグへの参戦が増えた今、我々社会人がそれを目の当たりにしています。

何が言いたいのか?

生き残り競争に敗れ、サッカーを部活動等で辞めてしまう人が大半の​現状で、日本のサッカーは到底文化として根付いていないと我々は考えています。

そして、サッカー部と言う小さな組織で腐ってしまった人間が、社会人としてもっと厳しい社会でどれだけ戦えるのでしょうか?

社会人サッカーチームの価値観を変えたい。

Jリーグを目指さなければ、サッカーチームは存在する意味が無いのでしょうか?

プロを目指さなければサッカーをやる意味は無いのでしょうか?

無理をして育成年代のチームを作る必要があるのでしょうか?

我々が重きを置いている所や、日本サッカー界に必要だと思っている所は大人になっても真剣にサッカーを出来る環境です。

サッカーと言うスポーツは、仕事や社会にも繋がる役割分担、個性、チームビルディングの縮図だと我々は認識しています。

真剣にやるサッカーを通じて、勇気を持って社会に通用する人間を目指して欲しい。

自分で「稼ぐ」仕事をする事が人生の大半を占めると思います。

これまでのプロを目指す選手がよくやっている、仕事の為にサッカーをする訳でも無く、サッカーの為に仕事をする訳でも無い。

「引退」を考える選手達に、将来の為に、生活の為に、仕事をしながらも思う存分真剣にサッカーをして欲しい。

大人になっても大好きなサッカーを続けて欲しい。

それが日本サッカーの文化としての根付きや強化に繋がると信じています。

そして、それが我々の使命だと思っています。

​まだまだ至らない所だらけですが、この使命感の中、社会人に特化したチームを作り上げて行きます。

2020年1月5日

©1984-2020  与野蹴魂会 All rights reserved.

finta.jpg
top_footer_jfa_logo.png